上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09.08 閉めます
facebookに登録したので、このブログは閉めることにしました。
今まで大変お世話になりました。
ご縁がありましたら、またどこかでお会いしましょう。

ではでは、またその日まで。
スポンサーサイト
2011.08.28 携帯より

宮島の鹿は紅葉饅頭が大好きなんだそうです。
閉店後の夜の饅頭屋で盗み食いするんだって。

思ったより大人しくて臭さもましでした。

宮島伝統産業会館にて、紅葉饅頭の手作り体験をしました。
これは楽しいO(≧∇≦)o
簡単に美味しく完成しました。
2011.08.28 携帯より

宮島商店街のまめだぬき。
ランチはこちらのあなご料理にしました。
雰囲気よし。
味よし。
2011.08.27 みっちゃん

街の中はものすごい暑さ。

逆に店の中は寒すぎるほどのエアコン。

関東の節電モードに慣れたからでしょうか。

みっちゃんではねぎ焼き1つと、あといろいろ3枚頼んでぺろり。
おたふくソースの風味も、イカフライも久々~♪
2011.08.27 広島旅行~♪

お好み焼きを食べにきました。

…冗談です。

一応、平和学習の予定です。
でもとりあえずはみっちゃんで昼食。

久々の広島のはずですが、
私にはあまり記憶が残っていない…。

引っ越しのしすぎですね。(^-^;
2011.08.25 選手
ゆきの陰でひょうひょうと自由に生きているさとみですが、
昨日、スイミングスクールからお手紙が来てびっくりしました。
10月2日の対抗試合に選手として出てほしいとのこと。

体が弱く、スイミングも休みがちで、
タフでのびのび泳ぐゆきに比べてひ弱な泳ぎをするさとみですが、
意外とタイムが速かったらしい。

そういや、昨年小学校の運動会でも、
紅白リレーの選手に選ばれてたっけ。
妙に足も速くて、運動神経は悪くないようなんだわ。
いつの間にか泳ぎも上手になっていたんだね。
全然気がつかなかったわ。ごめん。次女。

今、スイミングスクールでは、個人メドレーのタイムトライアルをするクラスにいて、
体力がないから、100m泳ぎきるのって相当辛いらしいんだけれど。
まあ、25mとかなら何か出場できるものがあるのかな。

とにかく、さとみは秋から冬、春にかけては扁桃腺が腫れて発熱することが多いから、
親の私はまずそれに気をつけてやらんといかんかな。
今後大会までの毎週末、朝8時から1時間半、特訓があるらしい。
ガンバレ、さとみ。

2011.08.25 虻蜂取らず
虻蜂取らず

ゆきが公文をやめて塾に行きはじめ、そろそろ半年を超えました。
もともとスイミング、バイオリン、ジュニアオケ、公文教室、と色々忙しくやっておりましたが、
そろそろ塾の勉強の方も濃度と量がぐぐっと増し、
両立が難しくなってきたのでした。

夏休みの塾の夏期講習、5年生ながら、なんと一日5時間の授業15日間とテスト3回、
そして何より家での復習が大いに時間が必要となり、みっちり勉強・・・。
あまり理解力があると言い難いゆきの脳みそは、要領よい勉強とはいかず、
集中して時間をかけてあの手この手でようやく発揮されるらしく、
勉強できた時のテストと時間がなかった時のテストの成績結果の差が非常に激しい・・・。

勉強ばかりじゃいかん。もちろんその他も楽しくバリバリやろう。
と私も思っていましたが、タイトル通りっす。・・・そろそろ潮時かと。

ゆきに、「二兎を追うもの一兎も得ず、でしょ?」と言うと、
現在慣用句やことわざ、4字熟語を勉強中のゆき、すかさず
「虻蜂取らずとも言うよね。」返してきました。

今まであれこれ貪欲に欲張ってがんばってきたゆき。
残念ですが、まずスイミングからお休みする事にしました。

さて、なぜゆきが中学受験を目指したのかということですが、
自宅から通える距離にある、とある私立中学高校の部活オーケストラが非常に素晴らしく、
近所の公立の中学にはそういう部活がない、というのが最大の理由です。

しかしその目指す中学の入学試験の偏差値は、ゆきの偏差値の20近く上・・・。

まあ、もし芳しくない結果に終わったとしても、今勉強することは、
それなりに今の時点で、彼女ポテンシャルを上げて将来に備える意味もあり、
決して無駄な時間と労力と費用にならないのではないか、と夫婦で話し合いました。
中学へ入って、反抗的態度に磨きをかけてからより、今の方がまだ勉強しやすいのではないか、
という腹黒い魂胆もあったりなかったりします。^^;

彼女自身は、宇宙人的な楽観により、偏差値20の差はものともせず、
誘惑と戦い、集中力の低下と戦い、毎度の結果の悪さや自分への失望感と戦い・・・。
やはり非常に馬力があってたくましくて、何よりしぶとい。
わき目もふらず、とはいきませんが、ゆきなりに頑張っているようです。
入塾の時点と比較すると、勉強する姿勢が身についてきはじめました。成績も急上昇。

私にできることは、週3回、塾の夕食である弁当をせっせと作る事、
ゆきの苦手な分野はできるだけ勉強見てやること、
努力の成果が出た時にはがっつり誉めてやること、
誘惑に身を投げ出している時には、それとなく目を覚まさせてやること。

中学受験の勉強って奥が深い。
親の私たちも、笑ったり悩んだりの繰り返し。
時間の使い方や、今後の予定の組み方、
息抜き・リフレッシュのタイミングと方法、
鼻先にぶら下げる人参など、
今は親でなければできない事もたくさんあるんですよね。

詰め込み勉強を非難する人も世の中に多いですが、
親子一丸となって何かに立ち向かう、って意外と悪くないですよ。
世の中のアホな大人を見てきて、勉強はやっぱり大事と思う。
ただ、受験勉強の波にもまれ、大切な何かを見失わないように、気をつけたいとも思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。